車検は見積を比較してから決めましょう

車検の時期が近づいてくると、クルマを購入したディーラーから案内が届きます。それを見て適当な時期をディーラーに出向き、まずは見積もりを取ります。そして、その内容に問題がなければ車検に出すことになります。このような流れに対して、何の問題も感じず長年続けているドライバーも多いことでしょう。しかし、最近はディーラー並のサービスと技術を有しながら、ディーラーよりも格安な値段でサービスを提供している自動車整備工場などもたくさんありますので迷うところです。ディーラー一筋を通すというのならそれも良いでしょう。しかし、一度格安な一般の自動車整備工場を利用してみると、特に問題を感じることもなく、仕事も丁寧で、すっかり気に入ってしまうという人もあるようです。

同じ系列のディーラー同士でも差がある?

また、同じ系列のディーラー同士であっても、見積もりを取ってみると整備内容や価格がかなり違うことがあります。これはなぜなのでしょうか。事情がよくわからない人は、ディーラーはどこも同じだと思っている人も少なくないようです。しかし、実はディーラーはフランチャイズ店であり、各店舗の経営者の考え方や経営方針によって違いが出てくることが多くみられます。もし二つ以上の同系列のディーラーから車検の見積もりを取るような場合は、基本整備点検費用から部品交換の内容、そして工賃や部品代までよく比較してみると良いでしょう。基本的に純正部品の価格は同じですが、長い付き合いになってくると、多少の値引きが含まれていることもあります。このような事情もあって、最終的な価格には差が出てくることもあるわけです。

他の自動車メーカーのディーラーで

ところで、ディーラー車検において、その系列のメーカーではない他の自動車メーカーのクルマを出すことができるのでしょうか。結論から言うと可能です。本来そのようなことをする必然性を感じないかもしれませんが、ところが最近様々なディーラーが行っているサービスの充実ぶりには目を見張るものがあり、クルマを購入したディーラーよりも、他の自動車メーカーのディーラーのほうが有利だったり、お得だったりすることが少なくないのです。たとえば、エンジンオイルの交換費用が他のメーカーのディーラーでは半額でできるとなると、興味が引かれるのではないでしょうか。そして、他のメーカーのディーラーでエンジンオイルの交換を行えば、整備点検の案内もくるはずです。つまり、クルマを購入したディーラーでなければならないということは何もないということです。