車検の見積はここをチェックしましょう

車検(継続検査)は、自動車を公道で走行させるために所有者(または使用者)に義務付けられているものです。継続検査の有効期限は2年間であり、この期限を過ぎる前に再度継続検査を受ける必要があります。これは普通車であっても軽自動車であっても同様です(有効期限を過ぎた自動車を走行させると違法行為となり罰せられます)。しかし、継続検査を受ける際の費用は大きな出費となります。なるべく出費を抑えて継続検査を受けたいところです。そのためにはディーラーや整備工場数社から見積を出してもらい、それを比較していく必要があります。ここでは、法定費用(自動車重量税・検査手数料・自賠責保険料)以外の料金である継続検査手数料などをチェックすることが重要となっていきます。

車検費用の出費を抑えるには見積のチェックが肝心

自動車を所有あるいは使用している人には、2年に一度の継続検査(車検)が義務付けられています。継続検査の有効期限は2年間(新車登録後は3年間)であり、この期限が過ぎてしまう前に再度継続検査を受けなければ継続して自動車を公道で使用することが不可能となってしまいます(そのまま使用し続けると罰せられる可能性があります)。しかし、この継続検査を受けるためには大きな支出が必要となります。この出費の問題が継続検査を受ける際の一番の問題と言ってよいでしょう。多くの人が継続検査をディーラーや整備工場などの専門業者に依頼しますが、その際、いくつかの業者から見積を出してもらい、それをチェックして比較していくことが少しでも費用を抑えるために重要なことになっていきます。

チェックする箇所は法定費用以外の手数料

ここで継続検査時の費用の内訳について説明します。継続検査の費用は大きくわけて『法定費用』と『法定費用以外の費用』に分けることができます。法定費用とは、『自動車重量税』や『検査手数料』、『自賠責保険料』といった継続検査を受ける際に必ず必要となる費用のことであり、これはどの業者に依頼しても同じ金額となります。つまり、見積でチェックしなければならない箇所は、法定費用ではなくそれ以外の費用ということになるのです。それ以外の費用とは、業者に支払う『車検手数料』となります。この金額は業者によって異なっています。また、検査・点検の料金も加えられている可能性があります。製造後、ある程度年数が経過している自動車については検査・点検を行わなければ継続検査に合格しない場合があります。これらの料金が、チェックしなければならない箇所であり、業者を選ぶ際の比較対象となるのです。